世界各地の学校で食べる昼食メニューは?

米国では一般的な給食といえば、鶏肉、全粒粉のロール、サラダだ。 しかし、フランスでは、サケやラタトゥイで...

 

米国以外の国では、給食を毎回購入することはあまりないが、給食がある国ではおおむね子供らに健康な献立を提供している。 給食がなく、家に行って昼ご飯を食べるため、帰ったり、お弁当を学校に持ってくる国も多い。


スポンサードリンク
 

 

AP通信とロイターがキャッチした世界19カ国の学校で食べる昼食は...

 

▲ フランス、パリ:カマス、インゲン豆、キノコ

 

▲フランス、ランブルサル:米、サケ、ラタトゥイ、パン、サラリーマンとにんじんを添えたサラダ、オレンジ、ドーナツ

 

▲ マリ、バマコ:揚げたドーナツ・・・しかし、ほとんどの子供たちは家に戻って昼食を食べる。

 


スポンサードリンク
 

 

▲ アルゼンチン、ブエノスアイレス:じゃがいも、薄く切った肉を入れたエンパナーダ。

 

▲ アルゼンチン、ブエノスアイレス:米とチキンミイラね社(卵とパン粉を負わせたチキンが入った弁当

 

▲ スペイン、バルセロナ:野菜クリームスープ、牛肉の天ぷら、サラダ、パン、オレンジ、バナナ、水

 

▲ スペイン、マドリード:オムレツ、野菜スープ、バナナヨーグルト、水

 

▲ スペイン、マドリード:野菜クリームスープ、ヨーグルト

 


スポンサードリンク
 

 

▲ 英国、ロンドン:右皿にはパスタ、ブロッコリー、パン、旬の果物。左側のプレートは野菜チリとご飯、ブロッコリー、カスタードクリームを添えたスポンジケーキ、バナナの一つを選択することができる。

 

キューバハバナ:米、チキンコロッケ、里芋、黄色いエンドウスープ、揚げたバナナ、オレンジジュース

 

エクアドル、キト:ハムチーズトマトレタスサンドイッチ、ジュース、リンゴ

 

シンガポール:サラダボウルとともに果物と直接作ったパン、豆、スープ、麦などを食べる。

 

インドネシアジャカルタ:米、肉餃子スープ、豆腐、野菜

 


スポンサードリンク
 

 

インドネシアジャカルタ:子供たちは屋台でパンケーキを詐欺も...の価格は約1セント

 

ヨルダン川西岸ナブルス:子供たちはオリーブオイルとハーブと香辛料を混ぜたジャタルをピタパンに入れたサンドイッチを家から持ってきて食べる。

 

▲ インド、ジャムム:お昼に甘い味付けご飯を得るために列を成している子供たち

 

▲ インド、ジャムム:家から持ってきた平らなパン、マンゴー…

 


スポンサードリンク
 

 

ウルグアイモンテビデオ:この学校では子供たちが育てた野菜を使ったスープが給食として与えられている。

 

ベネズエラ、ラジュルリア:パスタとトウモロコシ粉のケーキ、アレパ

 

▲ 中国浙江:米、豆、野菜

 

パレスチナ、イエニン難民キャンプ:国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)学校の前にある屋台でひよこ豆をいる子供たち。

 

パキスタンラワルピンディ措置:写真の子供のほとんどが卵とチキンノケッ、パン、コメ、麺などお弁当をもたらす。 野菜と羊や牛肉を使った料理も。

 

▲ 日本:ご飯、スープ、オレンジ

 


スポンサードリンク
 

 

ジンバブエのハラレ:トウモロコシの粉を練った一ライオン、野菜、牛肉、自動車。

 

▲ 米ニューヨーク州キングストン:焼いた豆、ミートボールサンドイッチ、にんじん、ブロッコリー、桃、バナナ、チョコレートミルク

 

▲ 米コロラド州デンバー:この小学校では園芸クラブの子供たちが自ら育てて調理をしたタコスを楽しんでいる。

 

▲ 米ワシントン州シアトル:丸ごと小麦パンを利用した描きチーズサンドイッチ、トウモロコシサラダ、にんじん、船の缶詰またはアップルソース。


スポンサードリンク