植物も動物のように麻酔にかかるのかな?

痛みを感じないようにした麻酔薬は、現代の苦痛に満ちた手術に陥れられないことだ。 一般的に動物に使用される麻酔剤だが、植物にも効果的であることが分かった。

 


スポンサードリンク
 

 

これは日本とドイツ、チェコ、イタリアの共同研究によって明らかになったもので、この発見によって、未来、動物を代わりにして植物を麻酔開発実験に使用できる可能性が示唆されたのだ。

 

-動く植物を使用して麻酔効果実験

 

この研究は、日本の宇都宮大学生命科学教育研究センターのこのカワケン特任助教と店市智子研究員が欧州研究チームとともに実施したもので、実験はハエトリグサとミモザなどの動く植物が使用された。

 

こうした植物に麻酔剤として使われる、台エチルエーテルやキセノン、リドカインなどを塗布した結果、麻酔効果が示されたことを確認することができたと。

 

f:id:bryan0230:20180828005433p:plain

 

また、麻酔にかかっている植物の細胞では、細胞膜と活動電位の状態が変化していることを明らかにしたし、麻酔効果は細胞レベル、動物や植物は、共通した構造がある可能性を見せてくれた。


スポンサードリンク
 

 

-麻酔効果のメカニズムは依然として不明

 

麻酔剤の使用は、19世紀にエーテル吸入によって手術中に患者から痛みを取り除いたものが最初のケースとなっている。

 

 

以降、エーテルをはじめさまざまな化学物質が麻酔作用を持つことを発見し、現在に至るまで全世界の多くの手術現場で大量の麻酔剤を使用している。


それにもかかわらず、麻酔がどのようなメカニズムで、神経細胞に作用して、意識を失うかについては、多くの議論が存在しているが、麻酔の発見後、150年間ほとんどない状態だ。

 

- 植物が麻酔効果の解明と動物実験の代案になる可能性

 

 

今回の研究結果は、将来的に、植物が麻酔剤の作用に対する釈明に流用したモデルになりうることを示唆している。

 

また、人間に麻酔作用を研究するため、植物実験が今まで動物実験の代案になる可能性を発見した。 この研究結果は2017年12月11日付けの英科学雑誌"Annals of Botany"に掲載された。


スポンサードリンク