部下を称賛しない商社、問題は、人間が持った心理的癖

立派な仕事をした部下をほめるのはどれほど重要なのか

 

最近の調査を実施した結果であり、上司が自分の成果を認めて賞賛してくれていると感じられるのが、社員が仕事に専念する最も大きな動機になったという。


スポンサードリンク
 

 

 

端的に言えば、部下は自分が良い事をした時、上司が賞賛していると感じられる際、最大限の努力をするということ。だが、上司が自分の働く姿を称賛してくれないと感じたら、部下は努力しないようになる。

 

これがあれほど重要な問題なら、確かにこの会社の経営陣は全員が、部下の働く姿を認めて賞賛するために奔走していることは間違いないと皆さんは考えることだ。 しかし、悲しくも現実は違った。 上司が"いつも"または"自主"自分の業務成果を認めてくれと回答した職員はわずか38%だった。

 

これが主な原因になって、自分のこと万が期待に到逹したかどうかを"いつも"案と回答した職員はたった29%、"全く"または"ほとんど"分からないという回答は計36%の結果となった。 部下の立派な一万評価する上司がほぼない状態で、職員は、自分が素敵な仕事をすることができるか否かをどうやって知ることができるのだろうか.

 

部下の素敵なことを認めて賞賛しない上司が多い理由には、心理的現象がある。 それは"理由に基づく選択(reason-based choice)"と呼ばれる現象で、Eldar Shafir、I Simonson、Amos Tverskyによる同名の論文で提唱されている。

 

 

■あなたならどちらを選択。

 

論文で紹介された実験によって、次のようなシナリオを想像しなさい。 あなたは泥沼離婚訴訟の陪審員として、夫婦のどちらに子どもの単独養育権が与えられなければならないかを決定しなければならない。 判断材料になることは次の情報だけだ。


スポンサードリンク
 

 

[親A]

。収入は平均

。健康状態は平均

。勤務時間は平均

子供との関係は適当にいい

。人との関係は比較的安定している。

 

[親B]

。所得は平均より上

子供との関係は非常に良く

。交際があまりにも多い

。仕事の関係で出張が頻繁な

。健康状態に若干の問題が...

 

 

自分ならAとBの中で単独養育権について考えて見てほしい。 実験では被験者の64%が親Bを選択した。 その理由はたぶんBが"平均以上の所得"を持って"子供との関係は非常に良く"だからだろう。

 

それでは反対に、"単独養育権を付与してはならない親は?"と問えば、どうかな? 実験は、驚くほども55%が同じ父母Bを選択した。 Bには良い面がある一方で、"交際があまりにも多い"、"業務関連の出張が多い"、"健康状態に多少の問題"という問題もあった。

 

この実験で得た大きな教訓の一つは、養育権を付与する理由を探しているときは両親Bの良い面に注目する一方、拒否理由を探している時は悪い面に注目する傾向があるということ。同じことをどんな言葉で表現できるかによって、注目、使用する情報にピョンハンイ出てしまう。


スポンサードリンク
 

 

もっと簡単に言えば、誰かを選出したり補償する場合、その人の肯定的な側面に注目する一方、誰かを否定したり非難する場合には否定的な側面に注目してしまうのである。

 

■ "否定"に注目していないのか?

 

じゃ、この"理由に基づく選択"が、部下をほめているのとどんな関係があるのか? まずは、ほとんどのリーダーが職場で持っている概念に注目しなければならない。 リーダーたちは事務室を回り、職員が立派な仕事をする理由や、進行が繁盛する理由を探しているのかな? あるいは逆に、誰かのミスや仕事がうまくできない理由を探し回っているのかな?

 

 

一般的なリーダーは、仕事がうまく進んでいる理由ではなく、うまくいかない理由(否定的な面)の追求に多くの時間を割いている。 実験での陪審員のように、リーダーが"否定"に注目してしまうと実際に起こっている肯定的な側面を看過することになるだろう。

 

一つの例に、最近、自分が参加したプロジェクト進行会議を考えてみるといいな。 それは典型的な会議だったなら遅れている(または遅くなること)点と危険があること、工程及び予算超過の低減策など否定的なテーマ万議論して今までいた良い点を探すのに時間を割くことがなかっただろう。

 

 

"理由に基づく選択"理論に根拠すると、職場での問題点(養育権を拒否理由)を探すのに時間をかければ多くの問題が発見される。 反対に肯定的な要素(養育権を与える理由)を発見するのに力を入れば、立派な仕事をしている人たちの例が発見なるだろう。

 

リーダーは毎日、"否定"理由を探したり、"くれる"理由を訪れる二つの選択がある。 一般的な"否定的"アプローチを選択すると、仕事がうまく進まない理由を絶えず追加することが続く。 しかし、"くれる"理由を意識して探すなら、、部下の立派なことを認め、称賛できるようになる。 それでは職員の業務に対する意識と意欲は飛躍的に向上することだ。


スポンサードリンク