人間が持った知性の種類9つ

"知性"というのは、知識を身につけて、考えて判断する能力である。

 

しかし、知性というのは、そのままは測定できない。 知的能力、分別、論理的思考、パターン認識などの測定方法はあるが、それは指定自体ではなく、知性を示す一つの尺度に過ぎないのだ。


スポンサードリンク
 

 

 

例えば、数字で表した知能指数(IQ)があるが、平凡なIQの人が心に響いている立派な曲を作ることもあり、高い知能の人でもピアノを弾くことがめったいない人もいる。

 

現在、システムの問題は、知性の表現の違いをまるで無視しているのだ。 知性は実際は次の9つの類型があるという。

 

 

1. 音楽知能

 

音楽的才能のある人は、物事を理解するのにリズムやパターンを無意識的に使用している。 音と音色を認識する能力が他の人よりも早く、一度も聞いて見たことがない曲でも早く覚え、それを声と楽器で再現できている。

 

誰かが声を出すとすぐ分かるようになる。 音楽とリズムを好きで、歌、作曲、楽器を演奏している才能がある。

 

 

2. 空間的知能

 

空間認識に優れて、対象が実際に目の当たりになくても頭に描くことを容易にすることができる。 地図を読んで目的地に行く能力が優秀で、目に入ったことをそのまま描くことができる。 物体を他の角度や空間で構想したり、人の顔や場面も明確に記憶して再現できている。


スポンサードリンク
 

 

観察力が優れてパズルと迷路などをとても簡単に解いてしまう。

 

 

3. 運動感覚機能

 

動きを通じて情報を処理して、それを実行に反映させる運動能力が優れている。 スポーツや身体を使用する活動でその優秀性が発揮される。 芸術的な踊りと創意力のある動きに関心を示して観客の前で演技するのもうまい。 何か記憶するには体を動かしながらやれば記憶しやすい。

 

 

4. 自然主義的知性

 

自然、植物、動物を愛する人は特に自分の周囲の環境、自然に関することに敏感だ。 まるで自然の言語を知っているように、植物や野菜と果物を栽培したり、動物を薫育するのに優れている。

 

自然に学んで自然と共存することにより、その知性が増やしていく。

 

 

5. 論理的知性


スポンサードリンク
 

 

計算、分析、パターンの発見が自信あるし、さまざまなデータを利用するにあたり、要求される多くの問題を処理する能力が優れている。 論理的に推論して原則を基盤にアイデアを出したり、決定を下すことができる。

 

 

6. 創造的知性

 

この知性の所有者は慣習や秩序にこだわらず、柔軟性があって、心が広い。 創造の過程がどのように作動するのか、どのようにそれを応用する方法を理解する能力がある。

 

市と話を書くのがうまい人に多い。 必要ならばいつでも、どうしても解決する方法に注意することができる。

 

 

7. 自己感覚的機能

自分を理解するのに優れ、内向的な孤独を恐れない。


スポンサードリンク
 

 

脳のグンボクジョクイン構造を理解して、毎日、生きていくのにどうやってそれを適用させていくか、と認識、洞察する能力がある。 自身の感覚を通じて選別して世界を解釈して相互関係をやっていける。

 

 

8. 感性知能(EQ)

 

EQ(感性知能)ということだ。 社会性が豊富で、自分の感情と他人の感情を知ることができる。 人はそれぞれ違う感情があるということを理解して、それを正確に知ることができる。 共感能力が優れ、より良い対人関係を構築することができる。 EQが高い人は、自分の感情を制御したり、環境に適合するように調整するのが上手だ。

 

 

9. 直観的知性

 

これは、科学および分析の領域を超えた知性である。 直観的知性のある人たちは、現実世界と仮想世界、理性と直観、物質領域と精神的領域をまとめることができる。

 

成熟した魂の所有者に、大局的にどんなことを考えることができ、自分と他人の間の関係を構築することができる。


スポンサードリンク