自動運転は先に"長距離トラック"分野で実現、その理由と恩恵は?

2020年代の投入をめざして開発が進められている自動運転自動車技術は、一般乗用車より先に物流の一翼を担当するトレーラーとトラックなど運送会社の世界で実用化が行われる可能性もある。


スポンサードリンク
 

 

米国で長く前から支持する批評雑誌メディアの"Consumer Reports"はどうして運送業界で自動運転自動車が実用化するのか、その長所について整理した。

 

 

自動運転のトラック分野では、主要自動車メーカーのダイムラーボルボ、そして新興メーカー系のWaymoとUber、テスラなどが完全自動運転のトラックの実現を目標に開発を進めている。

 

すでに実用化に近い段階の技術水準に到達したかどうかを示すデモも実施されており、Uberは2016年万5000本のビール"バドワイザー"を積んだ大型トレーラーを約160kmにわたって自動運転させて、物資を輸送するのに成功した。


スポンサードリンク
 

 

また、他社に先駆けて半自動運転機能"自動モード"を公開的に発表した同社は、2017年9月、自動運転での運用を考慮した全体電気トレーラー"Semi"を発表して2019年に生産開始を目標にしている。

 

 

コンサルティングファームマッキンゼー・アンド・カンパニーは米国で新車で販売されるトラックのうち3分の1が高級自動運転機能を搭載する時代が2025年まで来ると予測。

また、ドライバーの運転を高度に支援するレベルの自動運転支援の技術を含めば、より多くの自動運転のトラックが世の中に出回っになるのは確実な状況といえる。

 

自動運転のトラックの開発を推進している企業のうち、一部は人間のドライバーと自動車のAIがお互いに運転を担当する"ハイブリッド"自動運転のトラックの実用化を目標に掲げている。

 

この類型の自動運転のトラックは市街地などの一般道路では人間のドライバーが運転を担当して高速道路に入ると、AIが運転を買収するのだ。 この時、ドライバーはAIによる運転を監視する役割を担当することになるが、同時に正常運転時には不可能だった書類整理などの作業を進めることができる。

 

業界団体だった"American Trucking Associations(米国トラック運送協会)"は自動運転機能によるトラックの運行は飛行機の操縦士が自動チョジョンジュンな機体を監視するのと似たものになると見ている。


スポンサードリンク
 

 

現代の旅客機の大半は、主に離着陸段階を人間の操縦士が担当するが、目的地に向け、ひたすらて飛行するときには経由地を座標で入力するもので、コンピューターが自動的に操縦をしていることがほとんどである。

 

このような状況が自動運転のトラックでも受けとめられるやうになるものと見ているということだ。

 

 

トラック産業に対する規制を監視する団体"Scopelitis Transportation Consulting"のCEOだったDave Osieckiさんは、業界に従事する人の大半が自動運転のトラックが今後5年から10年以内に現実として受け入れられると考えている。

 

そして"高速道路の制限"など限定的な自動運転のトラックは、もっと早く実現するものと理解していると言う。

 

Osieckiさんが注目しているポイントが自動運転のトラックの実現により、高速道路でドライバー死亡事故が大きく減少する可能性部分だ。 "自動運転技術の熟成が進めば、死亡事故発生率はすぐに減少するようになるだろう"とOsieckiさんは期待している。

 

 

しかし、一方で自動運転技術が必ずしも完全なものがないという点についてもOsieckiさんは目を向けている。 業界団体は自動運転のトラックで年間数万人のトラック運転手が命を救う事と見ている半面、それにもかかわらず数百人のドライバーが命を落とすことは避けられないという見解を示している。

 

最新の省エネ関連の技術革新を追う団体"Securing America's Future Energy"は、トラック業界がすぐ自動運転技術の"アーリーアダプター"になるだろうという見通しを示している。 物流の大部分をトラックが担当している米国では国家全体を連結する高速道路網を通じて、多くの物資が積まれているというのがその理由だ。

 

自動運転自動車は多様で複雑な状況が待っている市街地ではなく、まずはもっと簡単な状況が存在する高速道路交通の現場で実用化されるという見解は確実に強く説得力があるだろう。


スポンサードリンク