SNS企業が実施している使用者心理を利用した5つの技術

顧客のライフスタイル、行動心理学、嗜好性などのデータを分析して販売戦略を構築することは企業の常識だ。

 

フェイスブックツイッターなどWeb上で人と人が連結されるソーシャルネットワークサービス、SNS(ソーシャルネットワークサービス)運営企業も例外ではない。


スポンサードリンク
 

 

企業は利益を残さないと生き残れない。 利用者を満足させて職員の生活を保障して、税金を納付することで、国家と地域に還元することによって成立する。

 

 

時によっては、企業が実施した緻密な手法を通じて、自ら選択し、行動しているのが、実は操られている場合もある。

 

SNS企業も様々なテクニックを駆使し、人々の動向を分析して、関心を集めている。 ここではSNS企業が実施している5つの技術を見てみよう。

 

 

■ 社会的相互関係

 

社会心理学で相互関係というのは、親切にしてくれた人に親切を返還する社会規範を指す。 例えば、慈善団体では名前が入った名札を送って(安く作ることができる)、その見返りとして寄付金を要求する。

 

SNSでは、自分のページを頻繁に訪問する人を表示する。 それでは使用者が相手のページを見るようになるからだ。


スポンサードリンク
 

 

フェイスブックなら、メッセージを読むとそれが相手に通知される。 それでは、相手はこれに応対するように誘導される。 スナップチャットなら"ストリック・"という機能があり、友達と連続でメッセージを送った回数を知ることができる。

 

 

■ 権威に弱い心理を利用する

 

人は、権威があると思われる人物の指示を受けやすい。 化粧品製造会社は販売員のユニフォームが医師の白いガウンと同様のタイプのものもある。 店員が権威的に見えるようにやろうとおかげだ。

 

ウェブサイトに関しては、実際の組織があり、専門的なデザインで、使いやすく、また、サポートがよくできていたりすると権威があるものとみなされる。 SNSがこのような要件を備えた使用者が個人情報を安心して公開することになる。

 

また、個人情報の設定で、トリックがある。

 

そのデザインには暗い色が使用される。 また、隅に鍵マークが表示されていると、情報セキュリティの確保に万全を期しているという印象を与える。 しかし、ここにも装置がある。

 

例えば、フェイスブックメッセンジャーをダウンロードして、携帯電話に同期化する際、質問を受けたこともあるかもしれない。 その回答の選択は"はい"または"後に"しかない。 これに同意すれば、ウィザードで連絡先が同期化される。

 

フェイスブックはこの情報をもとに、"影のプロフィール"を生成する。 これはそのデータを利用して、広告販売につながるからだ。

 

 

■ 友達の掲示と同じ形で広告を掲載

 

SNSはもう世界的に多くの人たちが利用する。 それを運営するのに施設と最新技術、従業員が必要で、莫大な資金が入る。 しかし基本的にSNSは無料で誰もが使用することができる。


スポンサードリンク
 

 

それではその利益はどうやっているか?

 

それはプラットフォームとしてユーザに広告を表示する。 ニュースフィードに流れる情報は、友達が共有した情報と同じ形で広告が流れる。 その広告も各使用者のSNSの内容を分析して関心あるような広告を挿入することだ。

 

みんなが同じ広告ではない。 使用者の特性により広告が自動的に選択されている。 時によってクッキーを利用して、あるサイトをどれだけ閲覧するかのデータも分析し、最適の広告を選択している。

 

 

■、フェイスブックに集めた使用者情報

 

SNS企業は、広告主への使用者情報を販売することができる。 しかし、それだけでなく、フェイスブックは使用者のインターネット使用を追跡している。

 

フェイスブックのアイコンが表示されたサイトには、そこにアクセスした人の情報が自動的にフェイスブックに報告される方式がある。

 

また、フェイスブックは信用報告を販売する企業から所得や訴訟の有無などの情報を買っている。 そうした企業はスーパーマーケットのポイントサービス情報を購入、消費者の支払状況をチェックしている。

 

個人情報の設定を変更しない限り、フェイスブックは使用者の位置さえ追跡することができる。 最近、フェイスブックが電話やメールの記録、証跡を持っていることが明らかになっている。


スポンサードリンク
 

 

データベースには52,000個の項目があり、これによって使用者は分類される。 フェイスブックの広告設定は自分がどんなカテゴリに属するのか見られる。

 

彼らが収集した情報は、使用者に表示される広告を決定するのに利用される。 問題になっているのはSNS企業がこんなに収集した情報をほとんど誰にでも売ってしまうわけだ。

 

 

■ サイコグラフィックの使用

 

サイコグラフィックと心理的特性のことで、個人の性格を分析する方法についたのだ。 ある研究によれば、コンピュータは、フェイスブックの"いいです"を300ぐらいに解釈すると、家族や友達より正確にその人の性格を判断できるという。

 

また、他の研究ではハローキティーが好きな人は開放的だが、感情的に不安定な傾向があるという。

 

ケンブリッジアナリー・ティカ社は、人を操作するためには何が人を動くかどうかを理解しなければならないと思っている。 過失が取り上げられているフェイスブックは、ケンブリッジアナリー・ティカ社にサイコグラフィックユーザーを分析して彼によって政治広告を掲載した。

 

このターゲティングキャンペーンの実際の影響は議論されているところだが、会社はその方法によって巧みに人の心に影響を及ぼしかねないと考えている。


スポンサードリンク