顔の筋肉に読んで会話することができるシステムMITが開発

人間は音を立てて出てくる言葉のほかに、自分の脳(または心)の中だけで存在して考えのツールなどで使用される単語"を出して(自分が心の中で使う言葉)」を持っている。

 

この内の凍結自分以外全く伝わらないのだが、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究室"MITメディアラボ」は、顔と顎の筋肉の微細な電気信号を読み取る人工知能(AI)で分析して出しての内容を読んで音声で発することができる装置の研究開発が進められている。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180829200257p:plain

 

出し(內語)を読む装置は、次の写真のように耳からあごのラインに沿って装着されているデザインになっている。唇の下の顎に接触する部分には、4つの電極が内蔵されており、人間が出しを吐き出したときに起こる筋肉の微細な動きを電気信号として検出することができるようになっている。

 

この筋肉の動きは、人間の目では全く見えないのだが、機械学習を進めたAIに電気信号を解析することで、簡単な単語であれば解読することができるレベルに到達しているという。

 

また、この装置は、骨伝導ヘッドセットの役割も兼ねている。外部から送られてきた音声は、トレンドトランスデューサによって振動に変換され、頭蓋骨を介してインプラントを直接振動させることで音を聞くことができる。

 

f:id:bryan0230:20180829200321p:plain

つまり、この装置は、マイクの代わりに4つの電極では、人間の心の中での話された言葉を音声に変換して、相手から帰ってきた言葉をスピーカーの代わり骨伝導によって耳伝達することにより、会話のコミュニケーションを可能にする装置だという。


スポンサードリンク
 

 

写真のモデルでは、実際のデバイスを開発しているArnav Kapur氏は、「同期がされたのは、「インテリジェント拡張ユニット」を作るという考えでした」と述べている。

 

「コンピュータによる解析技術を用いて、人間の意識とコンピュータが溶けつに結合して、自分の認知度を内部で拡張するデバイスを作ることはできないのだろうか?」という発想から、この研究が開始されたという。



出し(內語)が、人間の筋肉の動きに表示されるものについては、1950年代から研究が進んできており、1960年に大幅な速読術で大きく注目されるようになった。速読は目に入った文字を心の中で大きく読みしまう「サブ発声」を排除することが目標の一つになっており、その影響が顔の筋肉の微細な動きに現れる。

 

f:id:bryan0230:20180829200347p:plain

しかし、この筋肉の動きをコンピュータのインターフェイスとして活用しようとする試みはほとんど行わなかったこと。Kapur氏の研究チームは、合計16個の電極を装着したヘッドセットを使用した研究を開始し、最終的には4つの電極から有用なデータを取ることができるようになったこと。

 

最初は20個程度の単語を利用した検証が行われた。被験者が加算と乗算を頭の中で音読した内容を読むように実験を進め、次に駒の動きを心に刻んで、それを読むようにして精度を高めてきたという。そして、最新の技術では、被験者が頭の中で考えた言葉を92%の精度で解読することに成功したという。

 

しかし、Kapur氏は、今後さらに学習を深めすることにより、精度を高め、日常会話に支障がないレベルに能力を高めることを目標としている。

 

f:id:bryan0230:20180829200415p:plain

この装置が実用化されると、空港や工場などの騒音がひどい場所でも頭の中で考えているだけで会話が可能になるほか、音を出すことは許されていない軍事作戦を実行する際の通信手段としての活用も期待できる可能性が高まる。

 

また、身近な使用シーンにオンラインゲームのチャットを声に出さずに行うことができ、言葉を使用するのが不自然な障害のコミュニケーションツールとして活用することも十分に期待できるだろう。


スポンサードリンク