世界で労働時間が最も長い国ランキング15

2018年度国の労働者は、他の国の人よりもはるかに長い時間を仕事に注ぎ込まなければならない。経済協力開発機構OECD)によると、2015年に世界で最も長時間労働をこなしていたのは、メキシコの労働者だった。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180831021125p:plain

 

メキシコの2015年の年間実労働時間は、労働者1人当たりの平均2246時間で、アメリカより467時間多かった。一方、メキシコの労働者の賃金は、アメリカ人の5分の1にも満たない金額であった。

 

メキシコに引き続き労働時間が長かった国は韓国だった。韓国は政府から労働時間を短縮するために努力を進めているが、仕事のやり方が大きく変化するには至っていないとする。 2015年のヨンガル実労働時間は2113時間...


スポンサードリンク
 


財政危機に包まれたグリースは、「王があまりにも高く、労働者が怠惰、まだ若いときに引退したい」など、批判を受けてきた。しかし、このような批判は、すでに根拠のないものとなっている。

 

ギリシャ平均年間実労働時間は、2015年には、欧州のどの国よりも長い2042時間であった。フランスでは1482時間、ドイツでは、より短い1371時間であった。また、米国では1779時間、隣国カナダでは1691時間であった。

 

f:id:bryan0230:20180831021139p:plain

 

各国の労働者の2015年の年間平均実労働時間は、次のとおりである。(一部の加盟国のみ紹介)

 

。メキシコ:2246

。韓国:2113

ギリシャ:2042

。チリ:1988

。ロシア:1978

。トルコ:1832

。米国:1779

。イタリア:1725

。日本:1719

。カナダ:1691

。スペイン:1676

。英国:1674

。オーストラリア:1665

。フランス:1482

。ドイツ:1371


スポンサードリンク