Apple、自動運転技術に関する研究論文初公開

Appleは、17日、自動運転技術に関する研究論文をオンラインジャーナルarXivに投稿しました。 「VoxeINet "という論文には、3次元空間の物体を検出することができる独自のソフトウェア技術の研究結果をまとめている。


スポンサードリンク
 

 

- Appleが最初に公開した自動運転技術に関する研究

 

f:id:bryan0230:20180831133453p:plain

 

Appleは、密かに技術開発を行うことが知られているが、先週のオンラインジャーナルに投稿された論文では、この会社が開発中の自動運転技術の研究成果を公開した。

 

「VoxeINet」と命名された論文は、LiDAR(Light Detection and Ranging)技術と呼ばれる周辺環境マッピング技術を利用して行われた歩行者と自転車のランナーを含む3次元空間の物体の検出のための実験結果が記録されている。


スポンサードリンク
 


- 独自開発のソフトウェアの威力

 

自動運転車は、通常のカメラと深さを検出することができるLiDARユニットを組み合わせて運行される。解像度が低いので、LiDARで得ることができる情報だけでは、遠くの物体を正確に検出することができず、一般的なカメラの助けが必要だからである。

 

f:id:bryan0230:20180831133504p:plain

 

しかし、Appleが独自に開発したソフトウェアを使用すれば、LiDARデータだけで歩行者と自転車のランナーを問題なく検出することができると言う。

 

論文では、現在使用されている他のソフトウェア手法を凌駕する実験結果が報告されており、今後の発展が大いに期待されている。

 

Appleは、、今年4月に自動運転車の道路試験走行許可をカリフォルニア州で取得して、道路でのテスト走行姿も目撃されている。


スポンサードリンク