アマゾンも手出せない事業8つ

アマゾンが大多数のビジネスに大きな脅威であることは誰もが知っている事実だ。

 

最初にオンライン書店で開始したアマゾンはその後、食料品からストリーミングサービス、クラウドコンピューティング、広告、物流、輸送などに事業を拡大させてきた。


スポンサードリンク
 

 

最近では、アスタキサンチンレジャー市場への進出も提起されており、アマゾンの影響を受けない企業は一つもないようだ。

 

f:id:bryan0230:20180831221259p:plain

 

しかし、モルガン・スタンレー・リサーチ部門が投資家を対象に実施した調査によると、どうやらそうでないようだ。投資家が、当分の間、アマゾンの手が伸ばさないと思われる8つの業界を選んだとする。

 

f:id:bryan0230:20180831221307p:plain

▲1ドルショップ


スポンサードリンク
 

 

1ドルショップの利用客は、価格や店舗の立地を何よりも重要視する。アマゾンは、倉庫や、サードパーティベンダーから、できるだけ早く商品をお届けするために努力しているが、価格は1ドルショップに勝つことができない。

また、Amazonプライムの年会費99ドルは生活が困難な人にはお支払いするのは難しい。

 

f:id:bryan0230:20180831221316p:plain

▲カー用品

アマゾンは、自動車用品を迅速かつ安く消費者に伝えることができるが、オートゾーン(AutoZone)のような自動車用品店とは違って、自動車販売店とのコネクションを持たない。

また、消費者は、カー用品の専門店が提供する専門的なサービスと知識を評価している。アマゾンにはないものである。

 

f:id:bryan0230:20180831221326p:plain

▲家具販売

実物を見ずに、インターネット上での家具を購入することに抵抗感がない消費者もいるが、実際にお店を訪問し、購入を検討しているソファや化粧台を家に置いたとき、どのように見えるかを確認をしたい消費者もいる。

 

f:id:bryan0230:20180831221335p:plain

▲化粧品


スポンサードリンク
 

 

家具販売店と同様に、「細胞と(Sephora)」のような化粧品店は、買い手が実店舗で様々な製品をテストした後、必要なものを購入することができるという長所がある。

各バイヤーに合った商品を提供することも可能である。

 

f:id:bryan0230:20180831221344p:plain

▲食品小売業

前回アマゾンのホールフーズの買収を考えてみると、投資家が食品小売業を挙げたのは驚くべきことである。しかし、一部の投資家は、アマゾンが、食品小売業界を支配するには、会社の見通しよりも時間がかかると見ている。

全体の食品価格の高さは財布が固い消費者現象であった。アマゾンは、買収直後割引を実施したが、まだ問題が解決されないかもしれない。

 

f:id:bryan0230:20180831221355p:plain

▲生活必需品

日常生活に欠かせない日常品に関しては、消費者が事前に購入計画を立てることは少ない。歯磨き粉やペーパータオルはなくなったとき生きるのが一般的である。


スポンサードリンク
 

 

つまり、日用品は必要なときにすぐに買わなければならすることが多いので、それを手に入れやすい最も近い店に買いに行くことになる。

 

f:id:bryan0230:20180831221403p:plain

▲メディア/ケーブルTV /情報通信

企業の電話とケーブルTV、インターネットなどのサービスを提供し、経営していくためには、インフラストラクチャが必要になると、業界参入は難しい。

これは潤沢な資金を持つアマゾンでも...

 

f:id:bryan0230:20180831221411p:plain

▲インテリア

家の修理や壁を塗り直したり、改造が必要になったとき、業者に巨額を支払うことなく専門家に相談することができる消費者に魅力的なオプションである。

 

必要な支援を得ながらDIYしたい人を見ると、ホーム・デポ(Home Depot)などの有名なブランドは、個々のメーカーよりも頼りになる存在である。

 

アマゾンも、ホームセンター業界を支配するために、修理で塗装、配管、蛇口の交換など住宅関連の各種サービスを提供する「Amazon Local Services」(現在はAmazon Home Servicesに名称を変更)を開始したが、軌道に上がっていない。


スポンサードリンク