食べ物の専門家が言う「風邪とき食べてはならない食べ物"5つ

季節の変わり目は風邪にかかったり、体調がダウンするが簡単に時期だ。

 

季節の変化に体が追いつかず、体の弱い部分がビープ音ゴドクたあと患っ横になる。


スポンサードリンク
 

 

そんな時は、体に負担をかけないのが一番だ。ゆっくりとしたテンポ休んで栄養価の高いものを食べたり休んことが重要ですが、仕事をしなければなられるので、それは簡単ではない。

 

f:id:bryan0230:20180831223451p:plain

 

特に一人でいる独身であれば横から用意する人もなく、何をどのように食べるか分からないより難しい。このような季節の変わり目と体調回復のためにどのようなものを食べて、またどのようなことを避けなければならか調べてみよう。

 

▶1. 冷たいもの

 

風邪と熱が出てくるので、水分を摂取することは重要ですが、熱を出すことは、ウイルスと戦っているので、むやみに体を冷やしてはいけない。

 

胃や腸や弱いところ、冷たいものを体内に入れると下痢をもたらすことになるので、体を温める飲み物をおすすめ。


スポンサードリンク
 

 

生姜湯は、体を温めたり、首や咳の痛みにも効果がいい。ホットレモンはビタミンCが含まれている風邪の非常に有効である。


▶2。刺激があること

 

脱水症状を引き起こす可能性がありますので、コーヒーや紅茶などの利尿作用がある飲み物は控えましょう。また、スパイスの刺激が強いものや熱いものは首を損傷することがあるので注意しよう。

 

首に負担がない柔らかい食品をゆっくり食べるようにしましょう。オレンジジュースよりリンゴジュース(みじん切り)が整腸作用があり、良い。

 

f:id:bryan0230:20180831223502p:plain

 

▶3. どろどろしたもの

 

油性は消化に悪いので食べないようにしましょう。上や長も弱くなっているのだから、負担をかけないようにしましょう。風邪が長くなることがあります。また、脂肪の多い乳製品も章によくないのでご遠慮しよう。逆にさわやかなもの、梅の抗菌剤および整腸作用があるクエン酸が含まれており、吐き気が消える可能性がある。

 

大根おろしに生姜汁を入れると汗保温が白血球の作用を増加するため、免疫力が高まる。梅や大根おろし、生姜などを殺しに入れたりするのもいい。しかし、ノロウイルスなどのウイルス下痢の場合は食べないのが一番だ。ただし空腹なら食物繊維が多く粥よりうどんをオススメ。

 

▶4. 甘いもの

 

風邪がかかる汗が出る、食欲がなくなる。そんなときによく飲む飲料は、スポーツ飲料だと思う。しかしながらスポーツドリンクは糖分などの濃度が高く、そのまま摂取すると、上記の停滞した時間が長くなって、体内の水分が遅くなるので、水で希釈して飲むのがいいと思った。


スポンサードリンク
 

 

水分を摂取するのは良いが、炭酸飲料よりも水を飲んだり、車なら煎茶がいい。煎茶は殺菌力があるカテキンや炎症を行こう着席タンニンが含まれているので、煎茶を飲むうがいの効果もある。


食欲がないとき、甘いゼリーと白桃缶が食べやすい方もいると思った。体調が悪いときは、何を食べるかは自分のことしか知らない。食べたいときに食べることができることは何でもモクドゥェ少なく....

 

f:id:bryan0230:20180831223517p:plain

 

▶5. アルコール

 

風邪薬を食べている場合は、薬の効果が悪くなるので注意しなければならない。ただ風邪ときギェランジュと甘酒はいい。特に甘酒はビタミン、アミノ酸が多く含まれて栄養が豊富である。

 

甘酒の酵母は、整腸作用があり、船の状態を良くする作用がある。また、冬は新株の「酒粕」が出てくるが、酒粕は発酵食品で栄養も、体を温めてくれる。

 

ただ酒粕はアルコール含有量が8%である。車を運転する人は、お酒を飲むことができない人、未成年者の人は、

注意しなければならない。

 

風邪にかかる栄養価の高いものを食べるといいますが、「まず体の状態を知る必要があり、 "するという。治癒能力を信じて、自分の体に今何が必要かを知ることが重要であるとする。


スポンサードリンク