サッカーファンを魅了する場所、世界のホームスタジアムツアー

英国のプレミアリーグ、スペインの羅梨が、ドイツのブンデスリーガーとワールドカップまで細かくチェックしてみるサッカーファンなら、旅行を行っても立ち寄ってみたい所は別にある。 すぐ世界の有名サッカー球団のホーム競技場だ。


スポンサードリンク
 

 

一見すると、ただサッカー試合のための空間にすぎませんが、その魅力は千差万別だ。 サッカーチームの特徴とファンの応援文化が混ざって独特な雰囲気が形成されるからだ。 多くの競技場ではサッカーファンなら是非ぜひ行ってみなければならない有名な競技場を紹介する。

 

マンチェスターオールド・トラフォードスタジアム

f:id:bryan0230:20180901100531p:plain

英国マンチェスターにはマンチェスター・シティのホーム競技場であるエティハド・スタジアムもあり、街の方には国立サッカー博物館もある。

 

しかし、最も有名なところは、最高名門球団であるマンチェスター・ユナイテッドのホーム競技場、オルトゥ・トラフォードスタジアムだ。


スポンサードリンク
 

 

夢の競技場というニックネームを持っているオールド・トラフォード・スタジアムで試合を直観してみることは忘れられない経験になるだろう。

 

英国ロンドン - エミレーツ・スタジアム

f:id:bryan0230:20180901100620p:plain

 

サッカーファンがロンドン旅行を計画しているなら、イングリッシュ・プレミアリーグの人気球団のアーセナルのホーム競技場、エミレーツ・スタジアムは必ず日程に入れなければならない。

 

エミレーツ・スタジアムロンドン地下鉄で行けるため、交通も便利なのが長所だ。 アーセナルの試合を直観して見るともっといいけど、試合がない日には球場ツアープログラムも利用することができる。

 

ドイツ・ミュンヘンアリアンツ・アリーナ

f:id:bryan0230:20180901101059p:plain

アリアンツ・アレーナはドイツサッカーリーグ・ブンデスリーガの人気チームであるバイエルン・ミュンヘンのホーム球場だ。


スポンサードリンク
 

 

アリアンツ・アレーナは特有の模様のせいでゴムボートというニックネームを持ち、現代的な設計で外観も美しいが、試合を観戦することに最適化された観客席を構築している。

 

あの日試合するチームによって、競技場の外観の色が変わっているのものアリアンツ・アレーナの特徴だ。 ドイツ代表チームが使用する時は白、バイエルン・ミュンヘンが競技する時はオレンジ色、1860ミュンヘンが使う際は、競技場が青色になる。

 

イタリア・ミラノ - サンロ

f:id:bryan0230:20180901101227p:plain

サンロスタジアムはイタリア・ミラノに位置し、ACミランインテルミラノ、両チームが同じ競技場を使っている。

 

この競技場は、ACミランが書く時はサンロ、インテル・ミラノのチームが書くときジュゼッペメアチェと呼ばれる。

 

ACミランインテルミラノが取り組む試合はミランダービー」と呼ばれ、全世界のサッカーファンが見たいのに、この京畿道サンロスタジアムで見ることができる。

 

スペイン・マドリード-サンティアゴ・ベルナベウ

 

f:id:bryan0230:20180901101322p:plain

サンティアゴ・ベルナベウは、スペインの人気リーグ、・の名門、レアル・マドリードのホーム競技場だ。 サンティアゴ・ベルナベウは、欧州サッカー連盟に選定された5つ星級スタジアムに、宇宙船を似ているのが特徴だ。

 

スペインの首都であるマドリードに位置しただけに、地下鉄を通じてスタジアムまで行く交通便が整っている。 レアル・マドリードの歴史を振り返ってみることができる博物館も整備されており、見どころが多いのも長所だ。

 

トルコイスタンブール-アタチュルク五輪スタジアム

f:id:bryan0230:20180901101401p:plain

利他チュルク五輪スタジアムはトルコの首都であるイスタンブールに位置した競技場で、トルコの伝統のサッカーチーム3チーム内に入るベシクタスのホーム競技場だ。


スポンサードリンク
 

 

トルコの競技場の中で最も多くの人員を収容できる板チュルク五輪スタジアムではベシクタスのファンが一体となって熱血的な歌をすることで有名だ。

 

それだけ応援団の熱情的な雰囲気を感じることができるので、トルコイスタンブールに行ったらぜひ立ち寄ってみるのがいい。

 

ドイツ・ドルトムント-ジグナルイドゥナパーク

f:id:bryan0230:20180901101432p:plain

ドイツ・ブンデスリーガーのサッカークラブ、ボルシア・ドルトムントは、黄色と黒が組み合わされたユニフォームの色でミツバチと呼ばれることもある。

ボルシア・ドルトムントのホーム競技場がまさにジグナルイドゥナパークだ。

 

ジグナルイドゥナパークは、ドイツで最も大きい競技場で70%に近い座席がシーズン圏で販売される。 これは五万人を超える市民たちがブンデスリーガーを見るために自分の座席を確保しておくという意味だ。

 

スペイン・バルセロナ-のカンプノウ

f:id:bryan0230:20180901101505p:plain

スペインサッカーリーグ・の有名球団、FCバルセロナの試合はホーム球場のカンプノウスタジアムで見ることができる。


スポンサードリンク
 

 

スペイン・バルセロナ、有名な観光地のガウディの建築物が先に浮かぶが、、カンプノウ競技場もバルセロナの名物となっていた。

 

カンプノウスタジアムがバルセロナのランドマークとされる理由は、10万人ほどの観客を収容できる欧州で最も巨大なサッカー競技場だからだ。 3段で構成された観客席は、壮大な感じになってしまう。

 

イタリア・トリノ-ユベントススタジアム

f:id:bryan0230:20180901101538p:plain

イタリアサッカー球団中最高の実力を備えたユヴェントスFCのホーム競技場は、イタリアトリノにある。 ユベントススタジアムは外郭地域において尋ねること難しいこともあるが、バスを利用すると便利だ。

 

ユベントスのファンなら、博物館探訪をすることも意味のある経験になるだろう。 ユヴェントスの歴史を記録している映像も満載して、トロフィーも展示されており、見どころが豊富なためだ。

 

フランスパリ・パークにプレンス

f:id:bryan0230:20180901101611p:plain

フランス・パリほど世界的に有名な観光地もない。

それほど色んな観光地情報を容易に入手できる所だが、サッカーファンなら、行かなければならないところが別にある。

すぐにパリ・サンジェルマンチームのホーム競技場であるパークにプレンスだ。

 

パークにプレンスは、パリの西部外郭にあり、エッフェル塔から近い方だ。 ここで試合を直観するようになったら、熱い応援の熱気に参加することができるだろう。


スポンサードリンク