無人コンビニが現実になる? ここ誰もないんですか??

自販機に満ちた無人コンビニ 'セブンイレブンエクスプレス'

f:id:bryan0230:20180901125530p:plain

セブンイレブンは、世界で最も多くの店舗数を持っているコンビニであり、国内初のコンビニで有名です。


スポンサードリンク
 

 

このようなセブンイレブンが、今度は自販機型の無人コンビニのセブンイレブン・エクスプレスへ人々の耳目を集中させています。 セブンイレブン・エクスプレスの外観は従来のコンビニとは違って、KTXに似たデザインが適用されました。

 

長さ10.8m、高さ2.5、そして幅1m大きさで製作された無人コンビニには、計5台のスマート自販機が設置されていますが。 ここでは飲料、スナック、フード、加工食品、生活用品など5つのカテゴリーにわたって200あまりの商品を購入することができます。

 

f:id:bryan0230:20180901125557p:plain

商品を購入する方法は自動販売機と似ています。 自販機内に見える商品を直接確認し、希望する商品番号を入力した後、決済をすると、製品を受け取ることができます。 他の商品はキオスクを利用して購入することができます。

 

決済は現在、クレジットカードや交通カードだけ可能だが、今年中に人によって他の手の静脈を認識するハンドペイも使用できるように拡大する計画と申します。

 

また、管理も本店と連結されたシステムを通じて自動的に在庫管理、発注、売上、精算などすべての経営を武人と進行することになります。

 

知って訪れる自律走行コンビニ 'MOBY MART'

f:id:bryan0230:20180901125658p:plain


スポンサードリンク
 

 

事実、無人コンビニが接近性を強調したとはいえ、依然として顧客が感じるには何か足りなさを感じさせます。

それなら無人コンビニの次の段階はどんな感じですか? もしかしたらこのような質問の答えはMOBY MARTから見ることができるかもしれません。

 

MOBY MARTはWHEELYSとHIMALAFTそしてHEFEI大学が共同開発した自律走行コンビニです。 最も大きな特徴は、お客様が、コンビニを訪れているのではなく、コンビニが顧客を訪れることです。

 

f:id:bryan0230:20180901125729p:plain

f:id:bryan0230:20180901125737p:plain

お客様がスマートフォンのアプリを通じて、最も近いMOBY MARTを歌ったら、自律走行に必要なGPSとナビゲーションや各種センサーで武装したMOBY MARTが自ら顧客を尋ねて来るようになります。


スポンサードリンク
 

 

顧客は、スマートフォンを利用してドアを開けて入り、自分が望む製品を購買することができます。 MOBY MARTは、上段に太陽光パネルが設置されており、自分で電気を生産し、屋根に装着されたドローンは利用して商品配送もできます。

 

特にMOBY MARTは近いところにコンビニがない外郭地域や田舎で有効に活用されそうです。

 

配達員のない自律走行配達 'Kroger'

f:id:bryan0230:20180901125847p:plain

最近はスマートフォンを利用してマートやスーパーで食料品を配達させるオンライン注文を活用する場合が多いですよ。

 

こんなにオンライン注文が活性化されている理由は直接売場を訪問しなくても何回かクリックだけで希望する時間に合わせて配送を受けることができ、直接重い荷物を持って移動しなくて済むためです。

 

それで今後オンライン注文はさらに活性化するものと予想されています。 未来の配達サービスはどんな感じですか?


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180901125924p:plain

f:id:bryan0230:20180901125937p:plain

米国のスーパーマーケットKrogerはNuroとともに無人配達サービスに挑戦しています。 現在試験運行中のR1は、安全のため、まだ配達員1人が搭乗しているんですが、最終的には完全自律走行を目標にしています。

 

自律走行の配達には、温度調整室があり、冷蔵とオンジャン保管が可能であり、最大113kgまで積載が可能です。 顧客は従来のKrogerのアプリを通じて希望する製品を注文して家の前の道路沿いで配送を受けることができます。

 

また、アプリを通じて配送車両の位置を追跡でき、顧客に与えられた識別コードを通じて、車両の扉を開けて製品を受領することができます。


スポンサードリンク