紙の虎と呼ばれる5つの電力

世界各国は自らの電力を確保するため、多くの努力を傾けており、費用を消耗して技術を蓄積している。 経済力が増えた西側諸国は軍事力を拡充するため、防衛産業メーカーを通じて新しい世代の兵器を開発しているが、'張り子の虎'と呼ばれる失敗作が横行している。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180902103251p:plain

f:id:bryan0230:20180902103303p:plain

 

中国遼寧航空母艦

 

中国が地上軍を縮小して海軍と空軍力を拡充するという誓いを発表した後、真っ先に構築した電力が航空母艦だ。 旧ソ連で建造したクジュネチョプグプ2番艦を海上カジノを開設するという名目で購入し、大連造船所で改修を経て、進水するのに至る。

 

55,000トン級航空母艦は、伝統的なソ連の方式であるスキージャンプ台を持っており、2,000人余りの乗組員が乗船することができる。 旧時代ディーゼル空母を進水し、中国自らは新たな戦力を構築したと自負したが、西側では紙の虎の代名詞となった。

 

f:id:bryan0230:20180902103343p:plain

f:id:bryan0230:20180902103352p:plain


スポンサードリンク
 

 

イランF-313カヘル

 

イランが5世代ステルス戦闘機を開発したと公表し、制式名F-313カヘルと命名したとマスコミを通りじて大々的に明らかにした。デルタイクとエンテ型を組み合わせたF-313は粗悪するこの上ない、タクシーデモを見せてくれることをしながら戦闘機としての能力を疑われた。

 

ステルスはおろか、飛ぶこともできないだろうという航空ヨクハクジャらの意見に反論すると飛行場面をマスコミを通りじて明らかにしたが、RC飛行機のような機動を見せた。レーダーを搭載できる空間が皆無のF-313は実戦配備を控ええていると発表した以降、姿を消してしまった。

 

f:id:bryan0230:20180902103442p:plain

f:id:bryan0230:20180902103449p:plain

 

ドイツSPzプーマ 

 

ドイツは、次世代IFV(歩兵戦闘車)を開発することで決定し、防護力と攻撃力で最高水準を要求した。 戦車生産にノウハウを持ったクラウス・マパイとラインメタルが合作したSPzプーマは最高と呼ばれるほど高い完成度を持ったIFVと評価される十分だった。

 

防護力を伸ばすために重量を40トンまで拡大し、日本10式主力戦車と同じ重さになり、内部の被弾を減らすため、スペースを狭め、歩兵を搭乗できる能力を喪失した。 主力戦車に上る重い重量より悩みの種は黒豹電車より高い100億に達する額だ。

 

f:id:bryan0230:20180902103533p:plain


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180902103542p:plain

 

インドアジュン電車

 

1970年代からインドは戦車を開発しなければならないという計画を立て、アジュン戦車を自国化するため、国家主導の下に事業を行った。 戦車生産を容易に思って各国で技術者を輸入して開発に入ったが、日が経つほど戦車は山に向かっており、結果を見せてくれなかった。

 

パワーパックを決定できず、防護力を備えておらず、炉で走行が難しいほど遅れを取っている電車だった。 燃費まで極悪と評価されたが、インドはアジュン電車を実践配備し、次世代戦車事業を進めることで計画していると知られている。 攻撃力は2世代戦車の程度と相対し得る水準だ。

 

f:id:bryan0230:20180902103616p:plain

f:id:bryan0230:20180902103626p:plain

 

南アフリカAH-2のルイ・ジス

 

白人優越政策を固守していた南アフリカ共和国は西側から武器禁輸措置を受け、攻撃用ヘリコプターを開発するのに至る。 デネルサはユーロコプタースーパープーマを改良してAH-2のルイ・ジス攻撃用ヘリコプターを完成しており、能力を持つ戦力と評価された。

 

ランスターボメッカエンジンを装着し、一部の能力は、アパッチと似た水準と評価されたが、輸出で日の目を見なかった。 AGM-114ヘルファイアミサイルを搭載でき、内部燃料量は1,500kgに達するが、旧型の電子装備と直観的な外観にそっぽを向かれ、失敗作に転落した。


スポンサードリンク