路線を異にしたロシア6世代戦闘機

5世代ステルス戦闘機が大勢に選ばれたが、軍事強国はすでに6世代を眺めており、新しい方向を提示している。 ドイツとフランスが計画する6世代戦闘機FCAS(Future Combat Air System)はエアバスが中心となって行われると予想される。


スポンサードリンク
 

 

米国は6世代戦闘機に先立ち、F-35の開発を仕上げなければならない課題を遂行しなければならず、ロシアは西側とは異なる独自の路線を構築しようとする姿だ。 旧ソ連時代から戦闘機の生産に拍車をかけてきたミコヤン呉ビーチは、次世代戦闘機事業の中心になるだろう。

 

f:id:bryan0230:20180902200728p:plain

 

ロシアが計画する6世代戦闘機は"MiG-25フォックスバット"で見せた極端な超音速だ。 冷戦時代、米国がミサイル開発で先行していくソ連を偵察するため、超音速偵察機SR-71ブラックバードソ連本土に侵入させ、ソ連軍部は激しく抗議した。

 

f:id:bryan0230:20180902200753p:plain


スポンサードリンク
 

 

ソ連だけでなく、北朝鮮上空を横切って超音速で飛ぶSR-71ブラックバードを迎撃できる技術が、当時としては皆無だった。 地対空ミサイルを開発する方式より超音速迎撃機を開発する方式で計画したソ連が披露した航空機が"MiG-25"だった。

 

実体を知ることができなかったMiG-25に対する恐怖は米国を越えて西側全体に広がり、'ヴィクトル・ビルレンコ'中尉が日本を通じて亡命する事件で実体が明らかになった。 MiG-25に乗って日本領海に入るまで日本のどこでもベルレンコを発見できない、日本は裏返ってしまった。

 

f:id:bryan0230:20180902200817p:plain

くつがえされた日本とは違って米国はMiG-25の実体が自分たちの評価より低いということを確認した後、安心し、古基洞ハイグプ戦闘機F-15イーグル開発を急ぐことになるだろう。 Mig-25が評価されたが、マッハ3の速度を持った迎撃機で、米国の技術は、これを抜くことができなかった。

 

f:id:bryan0230:20180902200846p:plain


スポンサードリンク
 

 

そのままマッハ3の速度を持つため、多くの部分を犠牲にしたが、代替者に"MiG-31フォックスハウンド"を追加で開発した。 マッハ2.8に達する速度と400kmに及ぶ探知距離を持っているが、空対地性能が優れず、西側戦闘機に比べて重かった。

 

f:id:bryan0230:20180902200908p:plain

失敗を鏡としたミコヤン呉ビーチは6世代戦闘機を超音速で計画して前の短所を克服することが分かった。"MiG-41 PAK-DP"と予想される次世代戦闘機についてMiG Aircraft Corporation'イリヤ・タラセンコ(Ilya Tarasenko)'CEOが口を開いた。

 

"6世代戦闘機事業は神話的なプロジェクトではなく、長いプロジェクトでありもうUAC(United Aircraft Corporation)の後援の下に集中的な作業を遂行して公開することだ"とタス通信を通じて発表した。"即刻的な未来"という表現を付け加えた。

 

f:id:bryan0230:20180902200930p:plain

MiG-41 PAK-DP予想

 

2020年半ばに完成すると予想されるロシア6世代戦闘機事業に対してロシア軍事問題専門海軍分析セントあることの研究員'マイケル・カウフマン(Michael Kofman)'は"MiG-41 PAK-DPが遠く離れた計画だとは見ていない。"と明らかにした。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180902201001p:plain

"MiG-31は効果的だが、老朽化したプラットフォームでありロシアは、世界で抜け出すために努力することだ。 ロシアは特殊ハンコンギンワ長距離迎撃機技術をリードしている。"についても言及した。 既に構築されたプラットフォームでオプグレドゥの方式を選んだロシアは財政的な負担が少ないものと予想される。

 

f:id:bryan0230:20180902201022p:plain

新しい素材と機体設計、電子設備の追加にかかる費用がいるが、新しい機体を計画することに比べれば、相対的に少ない金額だ。 2段階に入った5世代ステルス戦闘機スホーイSu-57 PAK-FAが完璧に電力化されていない状況で6世代は時期尚早の感がある。

 

40年以上蓄積された技術なので、新たな開発とは次元が違うが、速度のために犠牲しなければならない部分が存在して、スホーイSu-57とも部品で混用できない。 カウフマンは最後に"MiG-41はSAM(Surface to Air Missile、地対空ミサイル)になるのだ。"と締めくくった。


スポンサードリンク