簡単に準備して格好よく楽しむホームパーティーレシピ

f:id:bryan0230:20180919215739p:plain

 

クリスマスを迎え、家族や恋人、友達とのホームパーティーを持った人たちが増えている。 精神なしに人に押されることなく直接作った食べ物を格好良くして静かにクリスマスを祝う雰囲気のあるホームパーティーが新たなクリスマス文化としている。


スポンサードリンク
 

 

ホストもゲストも気楽に楽しむことができるホームパーティーのためのレシピの必須条件は下記の通りである。 調理過程や準備が比較的簡単だろう、パーティーのテーブルに似合うビジュアルを備えること、そして何より、おいしいもの。

 

1. ブルスケタ

 

f:id:bryan0230:20180919215747p:plain

 

フランスパンを適当な厚さに切り、こんがりに焼いてその上にトマトと野菜マリネイドゥを掲載したブルスケタは食欲をそそってくれるすばらしいアペタイザーだ。 トマトやミニトマトを小さく切ってたまねぎとバジルを固めてオリーブ油、バルサミコ酢、胡椒、塩を混ぜて作ったソースに一緒に混ぜ合わせて保管する。

 

ソースが野菜に適当に入り込んでマリネイドゥなることができるように予め作って冷蔵保管した後、賞に出す直前にこんがりに焼いたフランスパンにのせて出す。 フランスパンにはニンニクをこすりつけて香りを与えたり、好みによってパルメザンチーズを投げてもいい。


2. ステーキ

 

f:id:bryan0230:20180919215755p:plain

よく焼けた厚手のステーキは簡単ながらも、ホームパーティーメニューに重みを加える料理だ。 牛肉は強火に表を焼いて肉汁が漏れるのを防いでくれた後、弱火で奥まで適切につける。

 

表を煮た後、パプリカやジャガイモのような野菜と一緒にオーブンで焼いてくれてもよい。 カジュアルな感じのパーティーを準備中なら、ステーキ用の肉を切って野菜、キノコなどとともに串に刺して焼くステーキの串焼きもお勧めのメニュー。

 

3. チキンサラダ

 

f:id:bryan0230:20180919215804p:plain


スポンサードリンク
 

 

新鮮な野菜と果物、鶏肉さえあれば簡単に仕上げることができるチキンサラダ。特に、子供たちに人気が高いメニューで、こってりしたり、脂っこいものになりがちなホームパーティー料理の間で、きれいに食欲をそそってくれる。

 

ケイジャン味付けや、塩、こしょうでミッカな鶏肉を揚げて一口サイズで準備してレタスとタマネギ、コラビのような野菜は冷たい水に漬けておいて水きりして使用する。 ミニトマトやオレンジなどの果物もよく似合う。 野菜と果物、フライドチキンの順で器に盛って食べる直前の趣向に合うドレッシングをかけて食べるとなる。

 

4. ウェッジジャガイモ

 

f:id:bryan0230:20180919215812p:plain

じゃがいもを皮ごときれいに洗って、三日月模様に切った後、味付けしてオーブンやファンに淡白に焼いたウェッジジャガイモは老若男女誰もが好きなメニューだ。

 

ジャガイモは8等分ほど縦に長く切って準備して、オリーブオイルと若干の塩で下味付けし、焼いてくれる。 焼けたウェッジじゃがいもにパセリの粉をまぶしてくれば出来上がる。 焼く時にチーズを上げてチーズウェッジジャガイモに応用できる。

 
5. ロブスターバターガーリック焼き

 

f:id:bryan0230:20180919215822p:plain

ロブスター料理といえばなんとなく負担を感じて見えるが、実料理の過程がかなり簡易な上、よほどでなければおいしい結果物が出ている。 ロブスターを洗って熟れすぎないように適当に太っている。 ソースを塗って再び焼くとするのであまり煮過ぎたら肌が丈夫になる。


スポンサードリンク
 

 

その溶かしたバターにおろしにんにくやパセリなどのハーブを用いてソースを作る。 身につけたロブスターを半分に切って内臓は別に除いもと、生きる上にソースをたっぷり塗ってオーブンで焼くと、なる。 別にとっておいた内装は風味が鎮海ロブスター肉をつけて食べても美味しい。

 

6. ローストチキン

 

f:id:bryan0230:20180919215833p:plain

様々な野菜と共にニワトリを丸ごとオーブンで焼き上げたローストチキン、バターとハブを加えると、ホームパーティーの雰囲気が漂う素敵な香りを漂わせる。 鶏をきれいに手入れをしての中にトンフチュとバター、月桂樹の葉ローズマリーなどを満たして縛ってくれてオリーブ油をまとったファンに遊びをに焼く。

 

添えた野菜と一緒にアルミホイルに包んで200度オーブンに20分間焼いて、銀箔を開き、再び200度に30分程度さらに焼いてくればいい。 鶏の大きさによって焼く時間が変わりますので、2車線銀箔を開き、焼く時には乗らないように、時折見ながら時間を調節する。

 

7. ポテトグラタン

 

f:id:bryan0230:20180919215841p:plain

メインとなる肉料理に添えたサイドメニューとして準備しやすいポテトグラタンは女性や子供たちが好きな料理だ。 ハムとニンニク、パセリをバターで炒めてスライスしたガムジョと牛乳をいれてわかす。 ジャガイモが煮えたら塩と胡椒で味付けをして、再び生クリームを入れて掻きまぜて材料をめいめいに混ぜてくれる。


スポンサードリンク
 

 

オーブン用の器に入れてその上にモッツァレラチーズを覆って180度に予熱しておいたオーブンに10分間、焼いた上で、上面が乗らないように銀箔ホイールをかぶせて再び10分少し焼いてくれば完成。今さらに焼けたチーズと、柔らかな食感が食欲を引く。

 

8. クリームソース、ムール貝の酒蒸

 

 

f:id:bryan0230:20180919215851p:plain

滑らかなクリームソースと香ばしいムール貝の調和がホームパーティーに最適なメニューだ。 簡単な調理過程に比べて素敵なビジュアルの完成作が出ている。 ファンにニンニクや玉ねぎ、セロリを炒め、香りを出した後、手入れをした餌を入れ、ホワイトワインと水をグラス半分ぐらい入れて蓋をして5分間煮る。

 

野菜とムール貝をふるいで漉して戻しておき、スープにクリームソースを入れてとろくわかす。 クリームソースの肉汁が煮立ったら野菜と餌を入れて一度さらに沸かした後火を消す。 料理に使って残ったホワイトワインを添えて、残ったソースではパスタをして食べてもさっぱりしておいしい。

 

9. カナッペ

 

f:id:bryan0230:20180919215900p:plain

簡単に作ることができる代表的なフィンガーフードカナッペ。一口の大きさの市販クラッカーの上に多様なチーズやハム、果物、クレミ、エビなどの記号によって様々なトッピングを築くだけで済む。

 

シャンパンやワイン安住に出せば、見るもきれいで、話の途中で軽く楽しむことができる。 さまざまな種類が組合が可能で華麗な色感でテーブルを輝かせる簡易メニューとして人気が高い。

 

10. バルサミコバック・リブの酒蒸

 

f:id:bryan0230:20180919215907p:plain

醤油の味付けややや辛めに味付けして食べるのが一般的ななどチョップしかし、年末のホームパーティーを向けて少しは特別な味を出したいなら甘いバルサミコなどカルビチムを試みてみよう。 水に浸して血抜きをたバック・リブをニンニク、トンフチュ、月桂樹の葉と一緒に煮て流れる水に洗っている。

 

人生はなどカルビにバルサミコ酢と清州(チョンジュ)、醤油、オリゴ糖、とんかつソース、おろしにんにく、水などを混ぜて作ったソースを入れて煮込み、煮立ったら火を減らして煮詰めてくれる。 深い味を出すバルサミコ酢オリゴ糖が甘い味を増しておいしそうなつやがあるなど、カルビ煮込みが完成される。 赤ワインとよく似合う料理だ。


スポンサードリンク