17歳に結婚した世界で最も毛深い少女

f:id:bryan0230:20180922230211p:plain

男性ホルモンは体毛の成長に深く関与します。 したがって、男性ホルモンが基準値を超えて過度な女性たちは多毛症を患うようになります。 多毛症の女性も深刻なストレスに苦労をするのに。。。


スポンサードリンク
 

 

それよりもっとひどい先天性の毛の過多症に全身が毛で覆われた少女があるそうです。 聞くだけでもとても残念なこの少女は最近、SNSを通じ、この嬉しいニュースを伝えました。 17歳に結婚した世界で最も毛深い少女をご紹介致します。

 

▼ タイの首都バンコクに住む死守派トラサスパン(Supatra Sasuphan、17歳)は10歳だった昨年2010年世界で最も毛深い人としてギネスブックに登録されています。 少女が患っている先天性の毛過多症、アムブラス症候群は中世時代から今まで40人程度だけがかかった珍しい病気であり、疾病という前までは患者たちが'狼人間'と呼ばれ、忌避の対象になったりもしました。

f:id:bryan0230:20180922230231p:plain

 

▼ 腕、脚、などをはじめ、顔と耳まで毛で覆われた少女は多くの冷やかしも受けながら育ったが、2010年ギネスブックに掲載された後から多くの人気を得ました。

f:id:bryan0230:20180922230245p:plain


スポンサードリンク
 

 

▼ そしてもう17歳になったサスパンはSNSを通じて自分の人生を共にする愛を会って結婚したと伝えました。 サスパンのフェイスブックには"君は私の初の愛はないが、自分の人生の愛だよ。"というメッセージが書かれています。

 

f:id:bryan0230:20180922230256p:plain

 

▼ もう一つの変化はもう定期的に制帽をするという点です。 レーザー治療でも体毛の成長を完全に止めなかったサスパンはまた、他の治療法が出るまで制帽をしている状態で、きれいな顔を出しています。

 

f:id:bryan0230:20180922230306p:plain

 

▼ 猿、オオカミ少女、スターウォーズに出てくるチュパカなど毛のために生じた異名もこれはサスパンをこれ以上苦しめられません。 "私は私を支持してくれる家族がいて、学校にもたくさんの友達がいます。 私が何気ないと、学校で私をからかった数人の子供たちも今は寝かさないです。"


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180922230314p:plain

 

f:id:bryan0230:20180922230323p:plain

 

▼ "毛が長くなって先がよく見えないときは不便だが、毛が多いのは私をもっと特別に作ってくれます。 今は制帽をしていて、毛でストレスを受けていないけれど、いつかは完治になれば良いです。"

f:id:bryan0230:20180922230338p:plain


スポンサードリンク