人生は美しいおしゃべり王父ロベルト・ベニーニの美しい人生

人生は美しいおしゃべり王父ロベルト・ベニーニの美しい人生

 

ユーモラスな人はいつも、誰の口から歓迎を受ける。 軽く叩かれ投げるウィットのある言葉で愉快な雰囲気を作ってくれて、対話の相手にこれよりもっと良い時期はないからだ。 そのためか、ユーモラスな男を1等の花婿候補に挙げている女性たちもいるようだ。


スポンサードリンク
 

 

実際にいつも面白い言葉で人たちの愉快な笑いを引き出したお笑い芸人たちが美人妻と結婚する場合が多いのもユーモア感覚が気に入ったためという言葉もある。 確かにそうかと思って配偶者に選択しましたが、いざ結婚してみたら、家ではいつも口をぎゅっとつぐんでいてがっかりしたという言葉もあるプロかで聞いた。

 

f:id:bryan0230:20180926191204p:plain

人生は美しいおしゃべり王父ロベルト・ベニーニの美しい人生

 

ところが、その点に関する限り絶対に妻を失望させない最強者が現れた。 イタリア映画、人生の美しい](Life the Beautiful.La vitaèbella)の監督であり、主演を務めたロベルト・ベニーニ(耳も)だ。 問題は耳もがユーモラスさを超えて、ほとんどおしゃべり王に近い人だということだ。 ヒバリのようにさえずる声とするとあまりいい表現してくれたもので、絶え間なく木をちょんと啄ばみ桶にその音を聞いていたら頭がズキズキするようなキツツキの水準だ。

 

多分チョグンチョンマインドの所有者であり、ウェンスダジェンのノ・ホン・チョル級くらいだようだ。 そういえば、今はそれなりに慣れたが、最初ノ・ホンチョルがTVに登場し、たったの1秒も休まず喚き散らした姿を見て大変驚いた記憶が改めてよみがえる。

 

f:id:bryan0230:20180926191213p:plain

人生は美しいおしゃべり王父ロベルト・ベニーニの美しい人生

 

しかし、ローマ上流層の家門の娘であるドラ(ニコルレタブラスキー)が愉快溌剌としているできず、頭をジクンジクンハに作る王水に対して自分の婚約者を捨てて、田舎の独身男性鬼道と結婚したのなら、その選択は100%正しいた。


スポンサードリンク
 

 

鬼道の止まるところを知らないおしゃべりは愛しいドラと結婚をしてからも、言葉通り目に入れても痛くないほどかわいい息子チョスア(ジョルジオ・カーン乗ってくれるだろうから)を生んで後も、全く変わりがなかったから言葉だ。

 

f:id:bryan0230:20180926191223p:plain

ユーモラスなのは好きでも言葉が多いのは誰もが嫌がるものだ。 面白く対話をやり取りするのもなく、ただ一方的に一人でくねくねと絶えず騒ぎ立てるのが好きな人は誰もいないはずだ。 ところが意外にも鬼道はその王水にどれほど美しいが言う新鮮な経験をさせてくれる。 それもその日がその日の平穏な状況ではなく、あまりにも残酷な状況でのことである。

 

耳もが美しい妻に会って、可愛くて愛しかった息子を産んで幸せに浸って生きるまでの人生を見せてくれた間ずっと明るい雰囲気で観客たちの笑いを誘った映画は息子チョスアが五歳の誕生日を迎える日、突然、じめじめしきれず、悲惨な雰囲気に一変する。 彼もそのはずが、突然押し入ってきたドクイルグンたちが耳もと幼いチョスアを連れて行き、ユダヤ人収容の仕業だ汽車に乗せたからだ。

 

一方、ドラは夫と息子がユダヤ人収容所に連れて行かれるのを知っては、自分はユダヤ人がないにもかかわらず、死んでも、生きても、家族とともにし、収容所へ行く汽車に上がる。

 

f:id:bryan0230:20180926191235p:plain

その瞬間から帰途とチョスア、ドーラこの三人の家族の前には生まれて初めてという恐ろしい苦難が行われる。 しかし、鬼道の王水はこのような悲惨な状況の前でも和らいでどころか、より威力を発揮する。

 

わけも分からないまま父に抱かれて収容所として連れてきた幼い息子に鬼道は残酷な収容所生活を隠すために家族みんながゲームに選抜され、ここに来るようになったと嘘をいう。 そして、絶え間ないおしゃべりでゲームの規則を聞かせながら息子が少しも他の考えをできないようにしている。

 

f:id:bryan0230:20180926191244p:plain

ゲームの規則に従って1000点を先に獲得した1等にはおもちゃタンクがなく、本物のタンクを商品にできるという言葉にただ喜ぶチョスアだ。 父の影響にチョスアは自分が収容所に連れられてきているのかもしれて、またいつ死ぬ命なのかもしれないて一日一日をそれなりに面白く送る。


スポンサードリンク
 

 

時には何か不審の念が入って父にあちこちで聞いた言葉を聞かせて、どうしたことか聞いたりもするが、耳もが誰か. まるで死生決断するかのように、彼は果てしないおしゃべりで息子の疑念をすっかりはたいてしまう。 確かに、言葉だけでなく本当に'死生決断'だ。 父の話をチョスアがそのまま信じてくれなければ、いち早くに命を失ったこともできるからだ。

 

f:id:bryan0230:20180926191254p:plain

そんな残酷さの中でも時間は相変わらず流れて、いつのまにか戦争が終わっていくという言葉を聞いた帰途は収容所を抜け出すために、チョスアを倉庫に隠しておいて妻を探し始める。 ズボンを膝の上まで丸めて載せ、その上に長いセーターをまとってスカートを着た姿だ。 そして頭に頭巾を巻き手にしたら間違いなく女の姿だ。

 

こんなに女性に変身した姿で、鬼道は男子収容所と隔離された女収容所で妻を探しに入る。 切実な思いで、切なくドラを歌いながらあちこち歩き回っている彼の姿が実に切なくきわまりない。

 

f:id:bryan0230:20180926191303p:plain


スポンサードリンク
 

 

結局、妻を訪れることもできないまま、しょぼしょぼと回って出てきた彼はドイツ軍に発覚されて誰もいない真っ暗なコンクリート柱の後ろに連れられて、まもなく銃声が聞こえ、ドイツ軍があわてて走り出ている。

 

最初は、耳もがドイツ軍を撃ったのだったらと願ったが、それはドラマや小説の中にありがちなストーリーだ。 この映画は実話を基にしたことであり、観客たちの望みどおり流れるはずがない。

 

f:id:bryan0230:20180926191313p:plain

 

翌朝、ドクイルグンらが退いて隠れていたユダヤ人があちこちから一人ずつ現れ、収容所の外へ出て行く。 倉庫の隙間から外を眺めていたチョスアは周囲が人影もなく静かになっと、ようやく父が動かないで隠れているウラドン倉庫で出ている。

 

その瞬間、タンクが近づく音が聞こえて、いよいよ御大層な威容を備えた本物のタンクがチョスアの前に現れる。 1000点を満たしたので商品で、本物のタンクを受けたと思ってチョスアはすきで、戦車の前に立ち止まって、タンクに乗っていた米軍は戦車を見て無邪気に喜ぶ彼を抱き上げ、タンクに乗せている。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180926191320p:plain

 

タンクに乗っていたチョスアは米軍に従っているユダヤ人たちの行列の中で母親を発見して走る。 彼はお母さんにぎゅっと抱かれたことで父と自分がゲームで勝つ、タンクをプレゼントでもらったと嬉しい声で言っている。 そして晴れて丸い目を輝かせながらその遊びで、父は面白いのか腹陥ると思ったと付け加える。

 

その場に父耳もが一緒にできなかったのが何より胸痛いことだが、鬼道は心からも愛する妻と息子がやっと死の沼から脱出したことを天国でうれしい顔で見ていることは明らかだ。 やっぱりぺちゃくちゃベラベラと少しも口を休むことなく、言葉だ。

 

f:id:bryan0230:20180926191329p:plain

 

[人生は美しくい]...このどれほど陳腐なタイトルなのかみたいが、映画を見たらこの見出しがないなら一体どのような単語でこの映画を表現できるだろうか。 少なくとも家族に美しい人生を生き続けるように作ってほしいと来た心を尽くした帰途を夫、父親に置いたドラとチョスアなら、"人生は美しい"と言える理由と資格が十分であろう。

 

真に偉大な父耳も役を演じ、感動をプレゼントするロベルト・ベニーニは自分の父親が第2次世界大戦の時は実際に経験したことを土台に直接、人生は美しく]を製作して1997年に初公開しており、2016年にセカンドランされた。 彼はこの映画でアカデミー賞主演男優賞を受け、妻ドラ役を演じたニコルレタブラスキーは実際に彼の妻としている。

 

以上、人生は美しいおしゃべり王父ロベルト・ベニーニの美しい人生でした。 興味深いましたか?


スポンサードリンク