映画の中で平和に見える中世ヨーロッパ」農民の生活vs都市生活」

f:id:bryan0230:20181002102530p:plain

西洋を舞台にしたファンタジー作品の主な背景となる中世ヨーロッパでは性、修道会、ワゴン、ギルドなど、さまざまなものが出てきます。


スポンサードリンク
 

 

映画だけ見れば、ロマンチック時代とするのに十分なロマンチックな中世ヨーロッパでの実際の生活はどうだったでしょうか?農村と都市に分けてご紹介します。

 

f:id:bryan0230:20181002102536p:plain

 

まず、農村の人々をみましょう。中世ヨーロッパの農村を想像してみると、農民たちが、素朴で平和な生活を維持したと思います。

 

しかし、実際には決して容易ではなかった。農民は領主の聖職者のような、いわゆるスーパーエリート集団によって支配される「封建社会」でした。

 

f:id:bryan0230:20181002102543p:plain

 

農民の間でも、様々な層が存在したんです。大きく分けると、土地を持っている人とない人に分けることができます。


スポンサードリンク
 

 

自分の土地を持つ農民は「自由農民」と呼ばれ、自分が直接耕作することができていた。

 

f:id:bryan0230:20181002102550p:plain

 

また、自由農民は「自由農民委員会」を結成して、農業の計画を立てたり、慣習法に基づいて裁判をするなど、ある程度の自治権を持っていました。

 

ための土地の所有するかどうかに応じて、貧富の格差が激しいしました。富農の家があれば、貴族であるが没落して、少しの土地を持って耕作する人もいた。

 

f:id:bryan0230:20181002102556p:plain

 

土地がない人は、「労働者」階級でした。永住や自由農民の下、農業を浮かべて住んでいたんです。奴隷のような生活といっても過言ではありません。


スポンサードリンク
 

 

このように、中世の農村には、さまざまな層の農民が住んでいたんです。

 

時代や地域によって彼らの生活の様子は、多少の違いがありますが、農民の間にも階層と貧富の差があったことに変わりはありません。

 

f:id:bryan0230:20181002102604p:plain

 

次に、都市生活はどうだったでしょうか?ファンタジー作品でよく見られる鍛冶屋をはじめとする様々な職人が、中世の時代に住んでいました。

 

職人と商工業者が集まった組織がまさに「ギルド」ですが。ギルドは、元の先住民自らの人生とキャリアの安定のために作られた組織であったが、商工業者の共同経営者の組織に発展しましたよ。

 

f:id:bryan0230:20181002102612p:plain

 

一方、中世ヨーロッパでは、「職人の遍歴制度」が運営されてましたが。職人の遍歴制度と若い職人が監督になる前の数年間の国のために働くことを義務付けた制度です。

 

軍隊と似たような概念ですが。農村とは異なり、都市では、確かな技術があれば、なんとか生き残ることができた。

 

f:id:bryan0230:20181002102618p:plain

 

全国各地で押し寄せる需要に対処するには、当時の職人の数が多すぎる少なかったからです。一方、農村では、一言だけ間違っても村で追い出されてマルアトジョ。

 

中世ヨーロッパのも今も世知辛い件オールインワンのようです。


スポンサードリンク