話題のシニアファッション! センスあるおばあさんたちのファッション

クラシックビンテージとはこんなこと!リンダライト

f:id:bryan0230:20190214004147p:plain

パリに位置するラグジュアリー·キャッシュミアブランド"CrimsonCashmereクリエイティブ·ディレクター"リンダ·ライト(@lindavwright)"。 今年71歳の年で,過去のモデル活動の履歴とラルフローレンで働いた経験らしく,洗練されたファッションセンスを見せながら"ホット"なインプルアンサーとして浮上している。


スポンサードリンク
 

 

彼女のファッションが年齢を問わず多くの人々に愛される理由は? 必ずトレンディーなアイテムでなくても,誰もが1つぐらい持っているようなクラシックなアイテムをスタイリッシュに組み合わせるセンスのためだ。

 

ニットにデニムやカラフルなスカートマッチングを楽しむが,ネクリスやスカーフ,ベレーなどパリージには感じが漂うアクセサリーでポイントを与えるのがキーワード。

 

レトロルックは着たい? リンダ·ローダン

f:id:bryan0230:20190214004215p:plain

お婆さんファッショニスタで最も有名なリンダ·ロダン(@lindaandwinks)。 今年70歳でモデル,スタイリスト,ファッションエディタでファッション界で幅広く活動しているが,最近では自分の名をとって"ロダン"というビューティーブランドをローンで表した。


スポンサードリンク
 

 

トレンドの最前線で活躍し,"年齢は数字に過ぎない"という言葉を体に見せているのだ。 ぎっしり詰めて塗ったレッド·リップ,レトロ風のボールドな眼鏡,優雅にアップロードしたグレー·ヘアが,シグナチャ·スタイルでレトロ·ルックの"歩き回るグット·サンプル"。

 

特に長い足を誇り,ベルボトム,ブーツカットパンツをよく着るが,ここにマルジエラ·タビ·ブーツなどトレンディーな小品を適切にミックスするのが特徴。

 

トレンド·ルックはこうやって,"ソフィー·ポンタネル"

f:id:bryan0230:20190214004241p:plain

フランス紙"ル·モンド",マガジン"エル"などを経て,現在,ジャーナリストであり作家として活動している59歳のソフィー·フォンタネル(@sophiefontanel)。 別名"鏡セルカおばあさん"でペニーバック,レオパードコート,カラフルなエコパーなど今シーズンにホットなアイテムをお化けのように捕らえ,見事に消化する。

 

単なるイットだけを着るのではなく,シーズンキーアイテムにビニー,トラックパンツなど全く異なるムードのストリートウェアをミックスマッチするのがスタイリング·ノウハウ。


スポンサードリンク
 

 

ここに,時にはシューズや小物を先に選んで,衣装をマッチさせるのも格別なミックスマッチルックのノウハウだと。 毎日鏡の前で新しい自分を発見するというソフィー·フォンタネルのように,自分に集中する時間を持つのもいいだろう。


カラーマッチングの達人

f:id:bryan0230:20190214004310p:plain

今年64歳で,大学で教授として勤めたリン·スレーター(@iconaccidental)は,比較的遅れてファッション界に入門した。 2014年のニューヨークのファッションウィークの期間中,偶然撮られた写真1枚が話題となり,完全に違う人生を生きるようになったケース。

 

その後,ファッション·ブロガーとして活動し始め,最近はファッション·マガジンのモデルとしても活動し,そのためパワーを見せている。 シグナーチャースタイルはモノトン衣装にレッドアクセサリーでポイントを加えて完成したウィットのあるシクルック。

 

全体的にカラー感のあるムードを活かすものの,革やシルク,キャッシュミア,ニットなどの高級な素材を好む。 軽快にポイントを与えながらも高級さを失わない秘訣。


スポンサードリンク