ロールスロイスが下手に欲張らないこと

f:id:bryan0230:20190319103639p:plain

f:id:bryan0230:20190319103652p:plain

英国の最高級の手作り自動車製造会社のロールスロイス(Rolls Royce)は、昨年一年間、初のロールスロイスSUVであるコリナンを披露し、ブランド史上最多販売量を記録した。


スポンサードリンク
 

 

過去、次週の名誉と財産、地位などを考慮して車両を販売したのとは全く違う様子だ。ロールスロイスが、今や大量生産を考慮しているのではないかという話まで回っているのに、変化している姿にもロールスロイスがブランドの価値と哲学を守るため、欲張らないものは何があるだろうか。

 

f:id:bryan0230:20190319103708p:plain

f:id:bryan0230:20190319103721p:plain

f:id:bryan0230:20190319103733p:plain


スポンサードリンク
 

 

ロールスロイスは計7つの車両のラインナップを揃えている。多様に見えるが、ロールスロイスのラインナップは二つのセダンとSUVであるコリナンを基盤として派生されたものであるため、事実上、ロールスロイスの全体のラインナップは、ゴーストとファントム、コリナンを含めて3つのモデルで作られた。

 

f:id:bryan0230:20190319103750p:plain

f:id:bryan0230:20190319103800p:plain

f:id:bryan0230:20190319103811p:plain

f:id:bryan0230:20190319103821p:plain

コンバーチブルダン(Dawn)とクーペレース(Wraith)はとストゥ(Ghost)を基盤で作られたほか、ファントム・クーペとドロップヘッドクーペ(Drophead Coupe ファントム(Phantom)セダンを基盤とする。ここに、先日合流したコリナン(Cullinan)SUVロールスロイス全体のラインアップだ。


スポンサードリンク
 

 

最近、占有率を高めるため、ライバル会社であるベントレーは多様な乗用のラインアップとSUVモデルを発売しているが、ロールスロイスは希少価値を重要視するだけに、過度なラインアップ拡張と大量生産をしないという計画だ。

 

f:id:bryan0230:20190319103840p:plain

f:id:bryan0230:20190319103852p:plain

ロールスロイスは2019年には新車を発売する計画がない。新規プラットフォームの上で作られる2世代ゴーストセダンは2020年にデビューする。

 

f:id:bryan0230:20190319103911p:plain

f:id:bryan0230:20190319103921p:plain

ロールスロイスの競争メーカーのベントレーは過去の多数のレーシング大会に出場した履歴のある会社だ。'世界で最も早いSUV'、スピード(Speed)モデルなどを披露し、ランニングと豪華さに集中する姿で過去の痕跡をうかがうことができる。


スポンサードリンク
 

 

一方、ロールスロイスは早い速度より豪華で、上品に走る自動車を究極の目標としており、ベントレーと違って車両の性能を高めるための努力をしない。ロールスロイスのモデルは全てV12エンジンにバイターボを使用しているが、十分な力はいずれも余裕のあるように競走を向けただけだ。

 

f:id:bryan0230:20190319103937p:plain

f:id:bryan0230:20190319103950p:plain

しばらく前、世界初のロールスロイスブティックの開場のため韓国を訪れたトステンミュラーオートボッシュ(Torstenmüller-ötvös"これから10年以内に完全電動化のロールスロイスを会ってみることができるようになるだろう"と発表をした。ロールスロイスが電気車を準備する理由は、電気車の静かさと強力な力がロールスロイスが追求する価値と符合するためだ。

 

しかし、ロールスロイスは象徴的な意味を向けて最も遅くまで内燃機関V12エンジンを維持するものであり、別途のハイブリッド技術を適用しないという。ロールスロイスCEOはハイブリッドが内燃機関で電気自動車に移る'過渡期技術'であるため、適用する計画がないと明らかにした。


スポンサードリンク