キャデラック,XT6に似たCT5公開

f:id:bryan0230:20190319110058p:plain

f:id:bryan0230:20190319110108p:plain

キャデラックが18日(現地時間)、自社のホームページとユーチューブを通じてCT5を公開した。CT5はCTSの後続モデルで、CT6に続くキャデラックの二番目の'CT'セダンだ。


スポンサードリンク
 

 

CT5はGMの新しい後輪基盤のプラットフォームである'アルファ・アーキテクチャプラットフォーム(AAP)'を使用し、米国ミシガン州ランシング、グランドリバー(Lansing Grand River)のGM工場で生産される予定だ。

 

f:id:bryan0230:20190319110127p:plain

f:id:bryan0230:20190319110142p:plain

CT5は最新キャデラック、モデルたちが従うエスカルラ(Escala)コンセプトのデザインに従う。以前に公開されたXT6に似たグリルと縦型週間走行など、横に長くなったヘッドランプを適用したのが最も目を引く。


スポンサードリンク
 

 

'ダイナミックスポーツ(Dynamic Sport)'と呼ばれるスポーツトリムはマッシュ型グリルを適用し、'エルレガントゥラグジュアリー(Elegant Luxury)'ラ呼ぶ一般トリムは細かいクロムピンを刺した。

 

f:id:bryan0230:20190319110156p:plain

f:id:bryan0230:20190319110206p:plain

車両の正確な諸元は公開されなかったが、CT5の諸元はCTSより余裕のあると伝わった。前面のオボヘンは短くなりホイールベースが長くなったおかげで、室内空間も余裕のあるものと予想される。背面にはCT6、フェイスリフトでも見られた'イ'形のLEDテールランプを適用し、その下にデュアルマフラーを適用した姿だ。

 

f:id:bryan0230:20190319110223p:plain


スポンサードリンク
 

 

車両のエンジンは275馬力の最高出力を出す2.0Lガソリンターボエンジンと400馬力の最高出力を出すv63.0Lガソリンターボエンジンが搭載される。トランスミッションはフォードと共同開発した10段自動変速機が使用され後輪駆動または4輪駆動モデルから選択することが可能だ。

 

f:id:bryan0230:20190319110238p:plain

f:id:bryan0230:20190319110247p:plain

V-スポーツモデルが発売された場合'CT6 V-スポーツ'に搭載された550馬力のV8 4.2Lエンジンが搭載され可能性もあり、メルセデス・ベンツE53 AMGBMW M550iと競争構図をつくる可能性もある。新しいCT5は4月19日にマンハッタンで開かれる2019ニューヨークオートショー(NYIAS)で公式デビューする予定だ。


スポンサードリンク