テスラ電気車のモデル整理 'S3XY'

f:id:bryan0230:20190319125629p:plain

テスラのイルロンマスク(Elon Musk)が14日、小型SUVである`モデルY'を公開した。モデルYはテスラの五番目の電気自動車モデルで、昔からイルロンマスクが目標したテスラの`S、3(E)、X、Y'ラインアップを完成させる4つのモデルだ。


スポンサードリンク
 

 

イルロンマスクが約7年間構想してきた同社の`S3XY'ラインナップは、モデルSの発売を皮切りに、モデルX、モデル3回として発売され、今後、セミトラックとロードスター、モデルYを含めて6つのラインナップを整備する予定だ。

 

'テスラ'の代表 モデルS

f:id:bryan0230:20190319125806p:plain

f:id:bryan0230:20190319125819p:plain

f:id:bryan0230:20190319125829p:plain

モデルSはテスラブランドを代表するモデルである。2012年にデビューし、日産リーフの次に多く販売された電気自動車として名前を載せた。国内に輸入されるモデルSのげっぷはスタンダード・レンジ(Standard Range)、ロングレンジ(Long Range)、ルディ、クリス・パフォーマンス(Ludicrous Performance)に区分されている。


スポンサードリンク
 

 

すべてのモデルSは4周を転がして100kWのバッテリーの容量を持った。走行可能距離はそれぞれ365km、451km、424kmであり、車両のゼロバックはそれぞれ4.4秒、4.3秒、2、6秒だ。

 

f:id:bryan0230:20190319125843p:plain

f:id:bryan0230:20190319125852p:plain

f:id:bryan0230:20190319125902p:plain

英語で'とんでもない'という意味をもったルディ、クリス・パフォーマンスモデルは0-100km/hに2.6秒ぶりに到達し、言葉通りとんでもない加速感を見せている。世界で最も速い車でよく知られたブカティヴェイロンと匹敵する水準だ。モデルSの諸元は4980x1965x1435mm(戦場x全幅x典故)でジェネシスG80と似たような大きさだ。

 

オートパイロット、22インチのタービンなどのオプションを選択可能、車両の価格はスタンダード・レンジ1億330万ウォン、ロングレンジ1億860万ウォン、ルディ、クリス・パフォーマンス1億2,550万ウォンだ。

 

テスラの最初のSUV モデルX

f:id:bryan0230:20190319125936p:plain

f:id:bryan0230:20190319125947p:plain

f:id:bryan0230:20190319130012p:plain

モデルSを続いて発売したモデルXはテスラの最初のSUVモデルだ。鍵を所持した状態に近づいただけでもドアが自動的に開いたり閉じたりするセルフフリーティング(Self Presenting)ドアや鳥が羽を広げるように開かれるファルコン・ウイング(Falcon Wing)を装着して視線を集中させる。


スポンサードリンク
 

 

全てのドアはウルトラソニックセンサーが空間を感知して障害物と衝突せず車が転覆される場合、手動でドアを開閉することもできるように作られた。

 

f:id:bryan0230:20190319130028p:plain

f:id:bryan0230:20190319130039p:plain

モデルXはモデルSと同様に全面トランクと後面トランクを準備し、5人乗り、6人乗り、7人乗りシート構成の選択が可能である。選択可能トリムには468kmを走って0-100km/hを4.9秒ぶりに到達するロングレンジ(Long Range)と走行可能距離353km、0-100km/h 3.0秒性能のルディ、クリス・パフォーマンス(Ludicrous Performance)がある。ヘパフィルター、カスタムオーディオ、オートパイロットなどのオプションが提供され、各げっぷ別の価格は1億1,540万ウォン、1億3,110万ウォンだ。

 

テスラの普及型EV モデル3

f:id:bryan0230:20190319130108p:plain

f:id:bryan0230:20190319130118p:plain

f:id:bryan0230:20190319130127p:plain

モデル3はテスラの代表モデルであるモデルSとモデルXの半額で購入が可能な普及型モデルだ。車両の大きさは4695x1933x1443mm(戦場x全幅x典故)であり、室内空間を決定するホイールベースは2,875mmだ。車両の全長は、シボレー・クルーズの水準だが、幅が約100mm以上広く、ホイールベースが準大型車のグレンジャーより30mm長く、空間の不足はない。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190319130144p:plain

モデル3の走行可能距離は350km、500km(現地基準)で、国内販売価格は三万5千ドルで五万200ドルの間で販売する現地価格を考慮して、約4千万ウォンから7千万ウォンの間に販売価格を決めるものとみられる。テスラはモデル3を2019年ソウルモーターショーで紹介し、早ければ今年末から国内に販売される予定だ。

 

テスラの新しい顔 モデルY

f:id:bryan0230:20190319130211p:plain

f:id:bryan0230:20190319130222p:plain

f:id:bryan0230:20190319130234p:plain

'S、3、X、Y'ラインアップを完成するモデルYはモデル3を基盤に作られた普及型SUVだ。全面ヘッドランプとテールランプ、サイド・シルエットデザインがモデル3とほぼ同一、一つの大型スクリーンで構成されたインテリアレイアウトも同じである。

 

f:id:bryan0230:20190319130250p:plain

f:id:bryan0230:20190319130302p:plain

モデルYは約75%の部品をモデル3から取っており、車両価格はモデル3に比べて約10%以上高く策定した。三万9,000ドルのベースモデルは220kmを走行することができ、450kmを走ることができる高性能モデルは約五万8,000ドルで販売される。モデルYはテスラのギガファクトリーで生産される予定であり、2021年の消費者たちに順次、引き渡される。


スポンサードリンク