速くないても'運転する味'がいる自動車

f:id:bryan0230:20190319132310p:plain

f:id:bryan0230:20190319132323p:plain

加速性能が高い自動車は運転者にいつも痛快さを漂わせる。性能が低い車は退屈で運転の楽しさを犠牲しなければならないという偏見も広く広がっている。しかし、このような型にはまった偏見を反転させる車がある。


スポンサードリンク
 

 

相対的な性能は遅いが、軽い重量と鋭いコーナリング性能と運転の楽しさを高めてビョンソクガムが良い手動変速機を搭載し、運転の楽しさを高めた車だ。このうちいくつかのモデルは正式輸入が出来ず、国内で購入が苦しいのに、速くはなくても運転楽しさが高いモデルにはどんな車があるか調べてみた。

 

アルトターボRS

f:id:bryan0230:20190319132340p:plain

f:id:bryan0230:20190319132405p:plain

f:id:bryan0230:20190319132418p:plain

鈴木アルトターボRSは660ccエンジンで64馬力の出力を出す日本の軽自動車だ。エンジン出力だけを見ると、パワーを期待できないような水準の出力だが、鈴木は、車体の重量を減らして出力の足りなさを解消した。


スポンサードリンク
 

 

空車重量は670kgで、同じ軽自動車のシボレー・スパーク(910kg)より240kgもっと軽いが、車体剛性がいいコーナーを回っていく時、ゴーカートを連想させる感じを与えるという。アルトターボRSは現在日本の内需市場だけで販売中であり、国内では直輸入会社を通じてのみ購入が可能である。

 

アバンテスポーツ

f:id:bryan0230:20190319132445p:plain

f:id:bryan0230:20190319132456p:plain

アバンテスポーツは性能と実用性をすべて満足させるスポーツセダンだ。現代、起亜(キア)自動車が広く使用される1.6LターボGDiエンジンを搭載して204馬力の力を出し、6速マニュアル変速機または7段デュアルクラッチ、変速機を使用した。アバンテスポーツは、高性能車両である'N'モデルより速くはないが、ハンドリング反応が敏捷でギアのシフトチェンジが速く、十分な運転の楽しさを出す。

 

部分変更を通じて変わった新しいデザインは視線を向けるように作るが、家族を乗せるには十分でない室内空間と子供たちのベビーカーを積めるほどのトランク空間だけは高い点数を与えるようだ。アバンテスポーツの価格は1,964万ウォンから2,365万ウォンだ。

 

トヨタ - 86

f:id:bryan0230:20190319132529p:plain

f:id:bryan0230:20190319132539p:plain

f:id:bryan0230:20190319132550p:plain


スポンサードリンク
 

 

'86'はトヨタとスバルが共同開発した小型スポーツカーである。200馬力の出力を出すボクサー(Boxer)2.0L自然吸気エンジンを搭載して重心を下げ、53:47の前、後の重量配分を通じて、コーナリングの実力を高めた。86は速くはないが、後輪駆動基盤のパワートレインと高い剛性を加えて運転楽しさを極大化したのが特徴だ。国内販売価格は6速マニュアル変速機モデルが4,260万ウォン、6段自動変速機モデルが4,800万ウォンだ。

 

ロスターN

f:id:bryan0230:20190319132617p:plain

f:id:bryan0230:20190319132628p:plain

f:id:bryan0230:20190319132638p:plain

ロスターNは今まで発売された現代(ヒョンデ)自動車モデルの中で最も高い運転楽しみを満喫できる。2.0LターボGDiエンジンで250馬力、275馬力の出力を放ち、6速マニュアル変速機を組み合わせた。現代車が発表した0-100km/hの数値は約6.1秒(パフォーマンス基準)に急速な数値に当たるが、同級の高性能ハッチバックモデルの中では最も速くない方だ。


スポンサードリンク
 

 

ホンダ・シビックタイプRやゴルフRより遅い方で、後で市場に参入しただけに、ファン層が競争の車両より厚くていないのが弱みだ。しかし、ベロスターNはコーナーを回っていく実力とスポーティーな排気音が同級で最も高く評価され、外信の直接的な比較で何度も優勝をしたりもした。ベロスターNの販売価格は2,911万ウォンだ。

 

マツダ - MX 5

f:id:bryan0230:20190319132710p:plain

f:id:bryan0230:20190319132720p:plain

f:id:bryan0230:20190319132731p:plain

MX5はマツダが1989年に発売した小型ロードスターだ。全世界で最も多く販売されたロードスターとして名を引き上げ、今までも全世界でマニアたちのたゆまぬ愛を受けている。MX 5は直列4気筒手動6段、自動6段変速機を搭載した後輪駆動車で2.0Lガソリンと1.5Lガソリンモデルとして発売した。

 

米国で販売されている2.0Lガソリンは184馬力、20.9kg.mのトークで0-100km/h 6.8秒を記録し、日本の内需型1.5Lガソリンは132馬力、15.5kg.mのトークで0-100km/h 8.3秒を記録する。数字上諸元はベロスターNやミニクーパーSより速くはないが、1トンを越えない軽い車体と、後輪を転がして運転楽しさを極大化した。マツダMX 5の価格は25,730ドル(2,920万ウォン)で30,780ドル(3,490万ウォン)の間だ。


スポンサードリンク